サイトマップ

賢く高く売りたい人におすすめの古本買取比較集

5つのポイントで古本買取業者を徹底比較!

0 1 2 3 4 5

飾り
5つのポイントで
古本買取業者を
徹底比較!
飾り

引越しや部屋の片づけの際には特に、厄介極まりないのが古本。じゃあ捨ててしまう?いや、ちょっと待ちましょう。そんなときにうってつけなのが、古本買取の業者なのです。捨てるだなんてもったいない。買取業者に頼めば楽に処分できるし、うまくいけば高く買い取ってもらえることだってあります。そこで、世にある古本買取業者を「買取平均額」「買取対応ジャンルの多さ」「まとめ売り」「手軽さ」「入金スピード」の5点で徹底的に比較。ぜひ参考にしてもらい、古本の楽々処分と高価買取を実現してくれればと思います。

買取平均額で
3社比較

買取業者で一番気になるのは、どれくらいの価格で買取ってくれるのかということ。そこで、買取平均額の高かった3社を徹底調査してみました。話題のコミックスでもっとも高額な買取価格を出したショップが今、決まる!

入金スピードで
3社比較

お気に入りの本を無事に高額で買取ってもらうことができたら、次に待っているイベントは?それはお金を手に入れる瞬間。ただし調べてみると、店によって入金の早さが違っているようです。そこで、一番早く入金してくれる会社を探してみました。

買取対応ジャンル
の多さで3社比較

家にたまっているのは古本だけではありません。すでに見てしまったDVDや聞きあきたCDなど、家の中を少し探すだけで処分するものが出てくるのではないでしょうか?そこで、古本以外でどんなものを買取ってくれるのかを徹底調査。買取商品のジャンルが多い店はいったいどこでしょうか?

まとめ売りで
3社比較

古本をまとめてたくさん持っていけばいくほど、高く買取ってくれるお店があることを知っていますか?ここでは古本のまとめ売りで3社を徹底比較し、「まとめて売るのが楽しくなるナンバー1」を選んでみました。

手軽さで
3社比較

古本を買取ってほしいけれど、時間がなくて先延ばしになっている方におすすめの3社を紹介しましょう。ただでさえ重いものを自分でわざわざお店に持っていって、買取ってもらうだなんてナンセンス。今の時代は好きな時に手軽に本を売ることができるのです。さて、3社のなかでもっとも手軽に利用できる業者はいったい?

査定の基準

自分がもっている古本を少しでも高額で買取してもらうには、買取時の査定のしくみを知っておくといいでしょう。

古本の買取価格を上げるための4つの査定ポイント

お店が古本を買い取るときには、ほとんどのお店で「買取査定」というものを行います。近年ではデータベースから買取価格を検索して買取るスタイルが一般的。ただ、人の目を通して本の状態を確認するなど、プロの視点から見た印象などでも価格が付けられます。ということは、買取業者が査定の際にチェックするポイントを押さえることで、買取価格をアップさせることができるのです。

ポイント1 本の状態

買取を行うお店側が一番重きをおく査定ポイントがまさにここ。どんなに貴重な本であっても、破れていたり日に焼けていたり、またシミがついていたり、書き込み、ページの折り目などがあれば、売ることが難しくなってくるので価格は下がってしまいます。さらに雑誌などには付録などの付属品がついている場合があります。こちらが欠品していると、買取自体できないことがあるので注意しておきましょう。ちなみに、ブックカバーや宣伝用の帯はあまり金額に影響することはないようです。

ポイント2 人気の高さ

古本は人気商品であればあるほど価格が上がります。ということは、人気の高い本であればあるほど、高額で買取ってくれるのです。特に、テレビドラマや映画化されて売れる本であれば、何年か前の作品であっても新刊並みに買取価格がつく場合もあります。つねに、本の人気状況をリアルタイムで把握しておくといいでしょう。

ポイント3 定価

ものにもよりますが、原価が高い本であれば買取価格が高くなることがあります。特に、専門書や医学書、洋書はもともとの価格が高いこともあり、査定額も高くなる傾向にあるようです。反対に、コミックスや小説の文庫などは原価が低いため査定額が低くなってしまいます。

ポイント4 プレミア商品

お店によって変わってきますが、市場にはあまり出回っていない書籍、いわゆるプレミア本は高額査定の対象になる可能性があります。特に、絶版されて現在では新書が手に入らない本や、有名作家の初版本、話題性が高く手に入りにくかった雑誌などはプレミア価格の対象になりやすいといわれています。

買取店では、おもに以上のようなポイントに注目して査定を行っているとされています。大切な本を売るときには、本の状態やプレミア状況などを事前に調べておくといいでしょう。

 

【裏話】査定って誰がどうやってるの?

古本の買取は店舗に持っていくことや宅配で送るなどの方法で、専門の業者に査定してもらい、決まった金額を受け取る方法がとられます。査定では受け取った本の情報をもとに、業者が買い取ってもいいと考える金額を決めていきます。本の状態や在庫量など様々な要因を見て金額が決まりますが、その査定を業者内の誰が行っているのか気になりますよね。今回はどのように買取査定が行われているのかご紹介します。

昔の買取査定

今の買取業者は、本の状態を見て査定金額を決めることが多いです。本がきれいかどうかをまず確認し、そして在庫の状況などを考慮して金額が決まります。

ところが、昔の買取査定は現在とは違って、本の持つ希少価値を中心に見て、査定金額を決めていました。本の希少価値といっても、絶対的な基準があるわけではありません。査定担当者が覚えるべき情報量もかなり多多く、専門的な知識が必要になり、正当な評価ができるのはほんの一部の人だけでした。 そのため査定できる人は限られており、職人の経験と勘というものが求められていたため、一般の人にはわかりにくいものでした。当時の査定担当者は、有名店で何年も修行して、のれん分けや他店に出向していました。そんなこともあって、古本屋の商売はかなり難しいといわれていました。

今の買取査定では、基準がわかりやすいものになり、業者の人なら誰でも査定できるようになりました。

最近の査定事情

最近の査定では、本の状態を見て金額を決めることが多くなりました。本がきれいかどうかを見れば査定金額がわかります。旧来の古本屋とは全く異なる査定方法で、多くの人が利用しやすくなり、こうした業者は全国展開するようになりました。

本の状態を見るだけでなく、最近では人気作品や売れやすい本に対して、買取価格を上昇させる取り組みも行われるようになり、これらは「買取強化商品」として扱われます。特に売れやすい本の場合は、強化商品としての扱いがなされ、高く買い取られます。

近年ではネットでの古本屋が広まり、店舗にいかなくても簡単に買い取ってもらえるようになりました。ネットの場合は、手元のパソコンにデータを記入すれば、担当者が簡単に価格を設定できるようになり、すぐに査定結果が出ます。本の売れ行きや価格の上昇などを入力すれば変更しやすく、ネット通販の情報と連動させれば自動で更新可能です。ネット古本屋では本の売れ行きにあわせて人気作品は高く売れ、高価買取の基準の適用がしやすくなりました。