サイトマップ

賢く高く売りたい人におすすめの古本買取比較集

5つのポイントで古本買取業者を徹底比較!

0 1 2 3 4 5

飾り
5つのポイントで
古本買取業者を
徹底比較!
飾り

引越しや部屋の片づけの際には特に、厄介極まりないのが古本。じゃあ捨ててしまう?いや、ちょっと待ちましょう。そんなときにうってつけなのが、古本買取の業者なのです。捨てるだなんてもったいない。買取業者に頼めば楽に処分できるし、うまくいけば高く買い取ってもらえることだってあります。そこで、世にある古本買取業者を「買取平均額」「買取対応ジャンルの多さ」「まとめ売り」「手軽さ」「入金スピード」の5点で徹底的に比較。ぜひ参考にしてもらい、古本の楽々処分と高価買取を実現してくれればと思います。

買取平均額で
3社比較

買取業者で一番気になるのは、どれくらいの価格で買取ってくれるのかということ。そこで、買取平均額の高かった3社を徹底調査してみました。話題のコミックスでもっとも高額な買取価格を出したショップが今、決まる!

入金スピードで
3社比較

お気に入りの本を無事に高額で買取ってもらうことができたら、次に待っているイベントは?それはお金を手に入れる瞬間。ただし調べてみると、店によって入金の早さが違っているようです。そこで、一番早く入金してくれる会社を探してみました。

買取対応ジャンル
の多さで3社比較

家にたまっているのは古本だけではありません。すでに見てしまったDVDや聞きあきたCDなど、家の中を少し探すだけで処分するものが出てくるのではないでしょうか?そこで、古本以外でどんなものを買取ってくれるのかを徹底調査。買取商品のジャンルが多い店はいったいどこでしょうか?

まとめ売りで
3社比較

古本をまとめてたくさん持っていけばいくほど、高く買取ってくれるお店があることを知っていますか?ここでは古本のまとめ売りで3社を徹底比較し、「まとめて売るのが楽しくなるナンバー1」を選んでみました。

手軽さで
3社比較

古本を買取ってほしいけれど、時間がなくて先延ばしになっている方におすすめの3社を紹介しましょう。ただでさえ重いものを自分でわざわざお店に持っていって、買取ってもらうだなんてナンセンス。今の時代は好きな時に手軽に本を売ることができるのです。さて、3社のなかでもっとも手軽に利用できる業者はいったい?

HOME » 古本を売る前に知っておきたいこと » 買取金額を上げるコツ

買取金額を上げるコツ

家にたまった古本。そのまま買取店に持っていっている方はいませんか?じつは、ちょっとしたコツを実行に移すことで、高く売ることができるのです。

古本を高く売る3つのコツ

それまで本棚にあった古本を、そのままバッグや袋につめて買取店に持っていく方は意外に多いのではないでしょうか?しかしそれでは、お店によって標準買取価格しかつけてくれないところもあるようです。せっかく大切な本を買取ってもらうのであれば、少しでも高い価格で買取ってほしいのが人情というもの。そこで、買取価格を上げる3つのコツを紹介してみましょう。

ポイント1 本はキレイな状態で

買取店の店員が一番に見るポイントは、ズバリ本の状態です。例えば、色があせていてしまったり、鉛筆やペンで書き込みがしてあったり、破れていたりするものは論外。即刻標準価格よりも低い価格がついてしまいます。そのような状態の本は売り物にならないことが多く、あまりにもひどいと「買取ることができません」と、突き返されてしまうこともあるのです。

ポイントは、本を大切に扱うこと。表紙も破れてしまわないように、しっかりとブックカバーを装着しておくと、大きな損傷を回避することができます。さらに、売りに出す前にホコリがかぶっていたらきちんと取っておくだけでも、買取店で高額になる確率が高くなるのです。

ポイント2 買取店の在庫をチェックする

古本屋というものは、在庫がたまればたまるほど本の価格が下がってしまうことが多いといわれています。近年では、漫画や小説などがテレビドラマ化や映画化されることが多く、マスコミなどで情報が発表されると、たくさん持ち込まれるケースが増えているようです。しかしその時にはすでに遅し。すでに在庫をごっそりとかかえてしまっている買取店では、安い価格をつけるほかありません。

そこで、その買取店の在庫をあらかじめ調べておくことが重要です。手頃なのは、HPやチラシなどで高額買取商品をチェックすること。お店に直接足を運んで本棚を見ておくのもいいでしょう。かなり難易度は高いですが、流行などを先取りして面白い作品を事前に買取ってもらうことも高額につながるコツです。

ポイント3 買取シーズンを知っておく

じつは、古本の買取シーズンというものがあります。みなさんはご存知だったでしょうか?その時期とは「年末年始」と「年度末、年度明け」。このキーワードで連想されるのはそう、大掃除です。区切りの季節に大掛かりな掃除を開始して、大量のいらない本を持ち込む方が増えてしまうのです。

特に「ゴミとして出すよりはいくらかお金が得られる」との理由から、普段は古本店などに足を運ばない家庭も大量に本が持ち込むため、お店も大忙しで在庫も増える一方。そうなると、買取基準がいつもよりも厳しめになってしまいます。これらのシーズンをあえて避けることも買取価格を向上させるコツのひとつです。